DHAの健康効果

魚の油は健康に不可欠

現代は昔と違って食生活が大幅に変化してきて、欧米食や肉食が主流となってきています。 そのため、生活習慣病が問題になっていて、コレステロールや中性脂肪が体に付きやすくなっています。 これを改善してくれるのが青魚に多く含まれている油であるDHAやEPAです。 血液サラサラ効果があり動脈硬化や高脂血症などの予防にも役立つので、厚生労働省でも1日に1g以上摂取することが推奨されています。 また、DHAやEPAは体内では作ることのできない必須脂肪酸なので、食事やサプリメントから摂取するしかありません。 魚をあまり食べないという方は、健康のためにもサプリメントを取り入れるのがおすすめです。 魚の味や臭いが苦手だという方でも、サプリメントなら手軽に摂取することができます。

脳の働きを高めてくれるDHA

青魚に多く含まれているDHAは血液サラサラ効果だけではなく、脳の活性化にも役立ちます。 元々脳の中に存在している成分でもあり、DHAを取ることで脳の神経伝達物質の働きを高める効果があります。 頭の回転がよくなったり記憶力や判断力、集中力を高める働きをしてくれます。 また、高齢化社会で問題視されている認知症予防にも役立つとも言われています。 DHAはEPAと合わせて1日1gの摂取が良いとされていて、マグロの刺身で5切れほど、小さめのいわしなら2尾くらいです。 加熱調理で効果が減少してしまうため、多めに取ると良いでしょう。 魚の摂取量が減っている現代では、食品のみではなく不足分はサプリメントで補うと効果的です。